ただいま猫3匹と召使2人
春の村(下)
2014年05月22日 (木) | 編集 |
⑱木・林・森(仮)

木さん。いつもおだやか。
20140503_325.jpg

林さん。いつもやんちゃ。
冬毛が抜けかけてかゆそうだった。軍手でわしわししたけど半分も抜けず。
夏毛と段になってるの、わかりますか?
20140503_313.jpg

森くん。
間違えて宿六にリードを渡してしまいましたが、
歩き出せば平気で無事お散歩できた。
20140503_316.jpg

⑲お歯黒チーズ宅
チーズ、麦、黒猫さん2匹。
ここの犬はシェルターへ行った。
あれれ山パンの写真がないよ…
この後アレルギーを起こして背中ハゲになり病院に行ったのだ。
(今は福猫舎さんで保護中)

夏のような暑い日、黒猫さんはちゃんと日陰にいる。
20140503_328.jpg

給餌とゴロスリ(猫のみなさん暑くて熱意ナッシング)を終えて
次のお宅へ向かおうとしたらチーズが車の陰で涼んでいた。
私たちを帰さない巧みな作戦に思える。すまんのぅ。
20140503_330.jpg

⑳㉑佐須地区、つづき

ココちゃんは見えず。置き餌も減っていなかった。

みーちゃん♂はおうちの方がお泊り帰村中だったのでフードの支援
長い立ち話をする。

娘さんがみーちゃん、とつけたからオスだけどそのままなこと。
いつも帰るときは追ってきて切ないこと。
帰宅中は毎晩おじいさんの腕にしがみつくようにして寝ていること。
こんなに長く村に帰れないとは思わなかったから、
すすめられたときシェルターへは預けなかったこと。
今となってはそれもかわいそうだったと思っていること…。

そう、私だって、ここにいたらそうしたかもしれない。
しなかったかもしれない。わからないとしか言えない。
刻々と変わる方針と状況の中でみなさん最善と思われる方法を取っただけ。

20140503_333.jpg

やばいよー、山裾の佐須では日がかくれてきたよ~

㉒噛む犬タロウ、汚名返上。

この日のハイライトとなったタロウとシーザー宿六(自称エア・ドッグ・トレーナーw 
週末の趣味:「カリスマ・ドッグ・トレーナー」をCSで見続けること)のお散歩。

1)リードを持って近づき…
2)やや興奮気味のタロウの鎖をたぐりよせる宿六
20140503_341.jpg 20140503_342.jpg

3)あっ!「シッ」してるw
4)あれま!リードつないじゃったよ!?
20140503_346.jpg 20140503_349.jpg

そして優雅な、美しい散歩風景。
20140503_353.jpg 20140503_362.jpg

村の犬たちは、都会と違って散歩の訓練を受けていない子が多い。
なのでリードにつながれた(鎖から自由になった)瞬間、
爆発的に喜びで駆け出す子ほとんど。
しかし、このタロウのリードに預けた信頼を見よ。
ゆったりとリードがたるんで、散歩人に歩調を合わせている。

宿六が言っていた。
「ご主人との関係がしのばれる」と。
20140503_370.jpg

君は本当にいい番犬なんだ。

そして猫たくさん、の画像なし…orz
(5匹ほど確認。ポンちゃんは元気)

なぜなら私は絆創膏を貼るのに大わらわだったから。
実は車から下りていろいろ準備している間に
宿六はタロウにさっさとリードを着けていたのであった。
「私が行こうと思ってたのに!」と言ったもんで、一度リードを外した。
で、案の定噛まれた私w
そりゃタロウにしてみたら許容できる男性から相手がいきなり女に変わったら動揺する。
私が悪いんであります。

それにしても、その後の私を貫くタロウの宿六に向けるまなざし。熱かったわー。
おばさん、諦めたわ。そんなに好きなのね、おっさんが…。

㉓㉔ 松塚 続き。
親子猫がいる2軒は姿なし。
ドライの補給のみで去る。この日本当に暑かったのでウェットを放置するのがためらわれたため。

㉕チロ

ひそか姉さんに元気にハイターッチ!
20140503_385.jpg

チロの散歩にまたもや宿六を指名して、お隣へ移動。
チロは今日も元気ですよ!
20140503_389.jpg

㉖病気のお母さん犬とビビりっ子

ゆっくりですが口元まで持って行ってあげるとウェットを食べられるお母さん。
ビビり君は人がいると決して口をつけない。
ニワトリはやはり1羽になっていた。
20140503_377.jpg 20140503_374.jpg

戻ってチロにもご飯をサーブして移動

㉗さくらといちごと子犬。

子犬のもう一匹はやっぱりここには居ないようだ。
気になる。ここ、お水の容器何とかしたいな。

20140503_391.jpg 20140503_395.jpg
子犬はどこまで大きくなる気だろう…。

㉘ライフと4匹の仲間たち

お散歩だよ、ライフ。今日暑かったから夕方でちょうどいいね!
20140503_436.jpg

お散歩だよ、くろちゃん
20140503_413.jpg

私はアクアと。とても立派な写真が。
タイトル 【アクア號】 ww
20140503_444.jpg

チャック、近い近い…w きれいな春の宵だねぇ。
20140503_455.jpg

チビも夕日色
20140503_398.jpg

チャックとクロちゃんのおやつタイム。
この子たちは敷物の上に上手に座るので、乾いたのを敷いて、と。
チャックはやっぱり三本足だから体重がかかると痛いんだろうなあ。
20140503_460.jpg 20140503_463.jpg

私とライフの記念撮影。
あっ。帽子脱いで髪下ろすの忘れてたよ。(ライフそっくりヘア)

「ライフ~」
20140503_467.jpg

「ほれ、すりすりしてないでカメラ見て~」
20140503_469.jpg

本日のそっくりショット
20140503_473.jpg

いっちゃいや~
20140503_474.jpg

でかくて甘えん坊なライフをここに置いていくのはいつも悲しい。

ここと敷地がくっついているほたちゃんのおうちの犬たちは放されていた
おうちの方も帰宅されているようなので、おやつのみで。

えー、君はまさかビビりの子かい?
ふつーにおやつ持っていったから、奥の子かな?
20140503_409.jpg

㉙ 竹林の家

帰宅されてるのが見えていたので最後にお寄りして
残っている犬フードの大袋をお渡し。
90歳を超えた大おばあちゃんが、久しぶりに帰宅されていた。

チャコと大ばあちゃんの記念撮影。
20140503_479.jpg

㉚畑の2頭

ドライが全然なかったので、山盛りに入れて。
今日は道向かいの家の子はいなかった。

以上、後半家人が帰宅されている家を割愛してなんとか30軒終了。
時刻は18時。
渋滞で村に入るのが遅れたので仮眠もとらず、よく頑張った福福組でした。






春の村(中)
2014年05月11日 (日) | 編集 |
⑩石材店

ニャンコによる、さっそくの歓迎、なのにもちこ姉さんは違うところを凝視


にょーん。すりすり~
20140503_175.jpg

うまいの持ってきたか?
20140503_177.jpg

もちこ姉さんが何に気を取られてたかというと
こんなところにワンコが…。ただし石の(笑)
私たちうっかり、この犬がチロだと思いましたのです。
20140503_181.jpg

チロはこっちやで~
20140503_184.jpg

⑪工務店
迷いまくって到達。猫はおらず。餌場に少し補給した。

⑫アプローチが長ーい家
今回一番迷って到達。あとで良くメールを見たら入口の目印をカミ先輩がちゃんと画像でくれていた。
この長い長い道を雪の中かんじきで歩いて行った人がいる。
たかが猫、されど猫、ご飯を待っている子がいる限り見捨てることはしない。
ただただ頭が下がる。
ここの子は皆人なれしていない。偵察役の茶トラだけかろうじて写っていた。
20140503_206.jpg

⑬通称、猫王国
ものすごくたくさんの猫がいると聞き、猫派としては鼻息荒く乗り込んだが
初夏のように暑い昼下り、みなさんどこかでお昼寝中か、一匹しか会えなかった。
20140503_213.jpg
こちらの方、後で聞いたら「ジジババ」ちゃんと言うらしい
ジジかババか解らんからと…
チーム銀次はブサカワ愛好家が多いからなんて可愛いと思ったんですが…そうですか…

⑭みけちゃん
猫王国でおおばん振る舞いできず傷心のご一行を迎え撃つこのゴロスリ

20140503_223.jpg

このおケツ。うたちゃんにも負けないプリプリ
20140503_225.jpg

みけちゃんでーす。ズキューン。射抜かれました。メロメロ
20140503_228.jpg

いっぱいお食べね。プリプリが減らぬよう。
20140503_242.jpg

さてさて、先を急がねば。もう昼は過ぎましたよ。

⑬~⑰須萱地区

今回一番精神的に辛かったのがこの地区。初めての訪問
元がどんな場所だったかわからないほど表土をはぎ取られた畑。
初夏のような気温と相まって頭がクラクラする。
人のいない惑星に迷い込んだような。

そんな中に猫も犬も住んでいる。
20140503_252.jpg

20140503_245.jpg  20140503_253.jpg

20140503_254.jpg  20140503_260.jpg

春の村(上)
2014年05月05日 (月) | 編集 |
GWを利用して飯舘村に行ってきました。
お正月からは5回目の訪問になります。
今回は名古屋と東京の猫番長をご案内します。

今年のGWは後半が4連休で当然のごとく大渋滞の東北道を北へ
ヒト4人(全員大型ネコ)+50キロ近いフードや水を積んでるので
スピード全く出ないのでノロノロでもいいんですけどね。

午前1時前に東京を出発して、村に入ったのは7時半過ぎになりました。

①山木屋交差点

BOXに見たことない(耳もカットされてない)白に茶ブチ君が。
山木や茶ブチ

君はお正月も雪の中出てきてくれた子ですね
201405051127236d1.jpg

仲が悪いらしいです。アオアオ威嚇合戦。
20140505113138936.jpg

撮られてるのを察知
20140505113335198.jpg

ミケも来た。もう一匹見えたけどピューと逃げて行った。
20140505113643681.jpg

②GS横
相変わらず具合の悪そうな白。
カロリーエースをグビグビ飲み、もっとないのか催促された。
ごめん、次はもっと持ってくるよ…

2014050511393117d.jpg

③すみだとクルッポ

クルッポのゴロスリ大歓迎をうけつつ
すみだを探す。なん度も呼んでやっと出てきてくれた。
相変わらず食欲は無い。

201405051145140d7.jpg
クルッポ変なかっこ。
201405051147010da.jpg

④ムク
チビの家にひそかさんを降ろしムクの元へ。
もう一匹は出てこなかった。

銀次親分の仁義フード旨かったニョーン、のび〜
2014050511501197a.jpg 20140505115009753.jpg

⑤まめちゃん

雪のある間会えたことなかった、まめちゃん。
春になったら、呼ぶと来てくれるように。
本当に猫撮る写真そのままの光景

↓ただいま写真展開催中
上村雄高
『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち』
http://www.gallery-ef.com/1402115callmyname.html

20140505115808e88.jpg

豆母さんがまめちゃんにって柔らかフードを差し入れしてくれたけど、
メシよりモフ所望。置いとくから後でお食べね…
20140505115806740.jpg

⑥ちび
ひそか姉さんと順調にお散歩中のちび。ニッコリ。
2014050512030472c.jpg

⑦黒タヌ茶タヌ

家の傍でミケさん発見。これ以上間合いを詰めると逃げられる。
お家の中にも一匹。ウマイメシにありついた。

20140505120710bdd.jpg 201405051207126a3.jpg

桜が咲いて、ウグイスがホーホケキョと鳴いて。
なんでここに人が住めないのか、理解できない、と毎度感じる。
見えない放射能汚染。
20140505120712908.jpg

⑧ポインター
と呼ばれてるが、君は本当はいろんな血が混じってるよね。
メシとオヤツ。ガムはコソコソ埋めに行ったw
埋めたとこ忘れんようにね。
20140505121159aad.jpg

⑨やまとかわ
今回一番会いたかったやま。
また一段とデカくおなりに…あれ首輪が無いよ?
20140505121605bfd.jpg

そこへお父さん登場。
あまりに首が太くなったため、頭がすぽっと抜けるようになったとのこと…(°Д°)
やまよ、おばさんはCallMyNameのあの写真が2年前の君とはわからなかったぞ。
ダイエットしようね。長生きできんからね…

お父さんに胴輪を貸してもらい散歩へ
正面からみると確かに頭が一番細いね…
2014050512160415e.jpg

かわはノーリードで付いてきてくれた。
20140505122312045.jpg


岩部ダムのソメイヨシノ散り始め。
やっぱりここら辺は寒いんだな。村の真ん中は八重桜しか残ってなかった。
20140505122548d26.jpg

つづく。