ただいま猫3匹と召使2人
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餡ちゃんがやってきた!~最初の10日間④
2014年06月11日 (水) | 編集 |
おはようございますの餡ちゃん。10日目の朝です。
すっかりくつろぎまくりの体制で寝ておられる…
31_1.jpg
この前の日に猫たちの距離感がうまくできたようなので
正式に我が家にお迎えすることにしました。
名前は餡。スズキ・アン・誉。カナダとのハーフです(嘘)

けむり兄さんとの関係はまだまだですが(お鼻キスはしました、一応)
31_2.jpg

見当たらなくて探し回るほど、家中のあちこちを自由に動き回ってます。
602_1.jpg

602_2.jpg

そして、2週間目。ようやくひとつの食卓(?)を囲む3匹。
一緒にご飯を食べれたらもう大丈夫だね。
603.jpg

けむりとの体重差は現在5キロ。2匹でけん制しあいながらダイエットフードを食べています。
(太らせないで、って福猫舎さんに泣かれたw)


これからはこの三匹が日陰亭の住民です。
お見知り置きを〜m(_ _)m


スポンサーサイト
餡ちゃんがやってきた!~最初の10日間③
2014年06月11日 (水) | 編集 |
5日目。
掃除機をかけるとき寝ていたウニとけむりを寝室にロックインしたので、
思いついてほまちゃんをリビングに連れてきて単独で探検していただく。
やはり一番気になるのは二匹が閉じ込められている寝室のドア…
27_1.jpg

他にもいろいろチェックして、ウニともご挨拶して。
27_2.jpg

お互いが気になる距離感で夜を過ごし…
27_3.jpg

6・7・8日目。
けむりとの関係はまだまだ経過観察中。お互いに見て見ぬふり。
29.jpg

30.jpg


餡ちゃんがやってきた!~最初の10日間②
2014年06月11日 (水) | 編集 |
3日目。
ひとくちふたくちしか食べなかったカリカリをちょっとは食べるようになり、
ようやく初トイレ。トイレに行かないのが一番心配だったので、ひと安心。
2日間お水も飲んでなかったからね。
24_1.jpg

生理現象が正常に戻り、途端に元気になる誉ちゃん。
ネボに買ってあげたのに、ま~ったく遊んでくれなかったおもちゃで遊び始めます。
クッションけりけりが気に入った模様。
24_2.jpg

夜にはウニが果敢に接触を試みます。
この日はあと30センチまで接近!誉ちゃんもイカ耳ではなくなってきました。
24_3.jpg

しか~し、ケムリは誉ちゃんが怖いらしいw
盛大にシャー!!
24_4.jpg

お!今度は誉ちゃんから近づく。
気にしないふりをするところがウニは大人です。
(毛玉は誉ちゃん抜け毛。ブラシ好きでした。良かった!)
24_5.jpg

ウニのご機嫌をとるのが私の一番のお仕事です。彼が受け入れてくれたらうちの子確定なのです。
お疲れ様、うに。
とにかく毎日せっせとサービスに励むのみ。
24_6.jpg

誉ちゃんは昨日より一段下の階段から見張中。
ポーズが緊張感薄れてきてます。
24_7.jpg

さて4日目。
ウニはシャーしてるんではないですよ。わざとあくびして余裕を見せているところです。
おお!そしてようやくの鼻キッス!安心の瞬間です。
26_1.jpg

もう大丈夫。うちの子になれるね!
26_2.jpg

餡ちゃんがやってきた!~最初の10日間①
2014年06月11日 (水) | 編集 |
てなわけで餡ちゃんの最初の10日間を時系列で。

自分で迎えに行こうかとも思いましたが、話が決まった翌週に飯館給餌に出動した
豆母さんに、餡のお迎え猫タクシーを依頼。(横浜 豆やん日記
5/22深夜、誉ちゃんが我が家にやってきました。

22.jpg

ひと部屋、誉ちゃん用にほかの子立ち入り禁止にしておいたので
到着後すぐに部屋に出してあげました。
部屋の隅っこのさらに椅子の下で様子をうかがう姿と
その2時間後に様子見に行ったら猫階段でいたところ。
すでにこの時点で人をみると喉をゴロゴロ…。なかなかの大物っぷりでした。

気にはなりますが、猫さんは放っておいてあげたほうが早く家に慣れてくれるので、この日はこれが最後に見た姿。

一夜明けて2日目

すでに人にはスリゴロしています。
ちょっとでも不安になると最初の椅子の下に隠れますが、
専用部屋はひととおり探検済の模様。

午後になってウニとケムリが誉部屋をしきりに気にするので
ちょっと合わせてみようと。リビングに抱き上げて連れてきてみました。
23_1.jpg
案の定、誉はソファの下に隠れちゃいましたけど。
意外だったのはケムリのびびりっぷり。大きい体にノミの心臓の男だなあ、ケムは…

23_2.jpg

まだ早かったな、と、ほまちゃんは専用部屋にお戻りいただく。
うちで一番見張りに都合よい本棚の猫階段上から見張中。そうそう、そこ一番安全だからね!

23_3.jpg

夜になって…
23_4.jpg

ドアを挟んで誉とウニのシャーシャー合戦勃発。
ウニは我が家の王様ですが、案外社交性を発揮するタイプでもあります。
シャーしたままグルグルゴロゴロ言っている誉が面白かった。
ケムリはドアのところに来ることさえできません。


妹がやってきた!
2014年06月11日 (水) | 編集 |
新しい家族が増えました!まだ若い女の子です。
名前は「あん(餡)」と名付けました。

anne.jpg

きっかけは、私も何度かあったことのある飯舘村の山パンが福猫舎さんに保護されたことでした。
福猫舎のブログ(醍醐君)


知ってる子だし、私がひきとりましょうか?と打診したところ、
山パンはいろいろ病気を抱えており、うちで引き取るには問題がでてきそう。
でももし引き取る余裕があるなら先におうちを見つけてあげたい子がいる、とのお返事。
もちろん、イエスです。
私はうちの子らとうまくやっていける性格の子なら誰でも良かった。
誰でも良かった、というとエラく薄情な言い方のような気もするけど、
シェルターの猫が一匹うちに来れば、またシェルターに猫を保護する余裕が生まれるわけだし、
このタイミングでとんとん拍子に我が家に来たのが、なにより縁がある証拠、と思うのです。

餡も村で厳しい生活を送っていたのは想像に難くない。
保護された時のお話 犬班A。さんのブログ も、なんてまあ、大変だったこと…
福猫舎さんでは「誉(ほまれ)」と名付けてもらい、
シェルターで約1年を子育てなどしながら過ごしました。

20140524_526.jpg

一応我が家の先住猫うに&けむりとの相性を試すため、お試しで、と言ってはいたのですが
あっさり1週間でうちに居場所をつくりました。賢いかしこい餡ちゃんです。

後足

顔も手もみんな小さいのに、抱き上げるとずっしり重いので
アンコが詰まっている「餡」です。
きっと餡以外にもいいものがたくさん詰まっているのでしょう。





春の村(番外編)~石巻~東松島
2014年06月07日 (土) | 編集 |
飯舘村を出て一路石巻へ。
私が今回の震災のボラを始めた地です。

今回は村の給餌で残ったフードを、
東松島の「菅原ファミリー猫ハウス」へ寄付させていただきました。

1_20140607185757548.jpg

これが猫ハウスです。
菅原さんの家は海側に松島基地を望み、海は見えないけれど、あの日津波にのまれました。
当時から里親探しなどされていた一家の「猫ハウス」
津波で一度浮き上がり、流され、また元の場所近くに押し寄せられて
波が引いた後着地しました。
中の猫たちを全部乗せたまま。奇跡的にプレハブは壊れも大きな浸水もしなかったのです。

2.jpg

近づくと…視線が。
3.jpg

内側から見ると、こんな感じで見張られていました。
4.jpg

9匹(あれ10匹?動き回るのでカウントできず)が
ハウスの中で暮らしていました。
ハウス1

甘えん坊のチャット君(下の茶トラ)は家族募集中。
でれでれ甘々の猫ライフをおくりたい方にもらってほしい。
人からはなれません。

ハウス2

なつっこくない組は天井近くの足場からじとーっ…
ハウスの中はいくつかの部屋に仕切られていて、全部お父さんの手作り!

ハウス3

ひとしきり、いちゃこら遊んで、ご自宅へ。
外には「かわいこロビン」ちゃん(コーギー)がいます。
ロビン

ロビンは津波の何日か前に、「アニマルクラブ石巻」さんから菅原家に来たばかりでした。
津波で流されたロビンを逃げかけた階段から引き反して、
まだ一度も抱っこしたことのなかった菅原さんが抱き上げました。
ロビンも必死で泳いだよ~、と言われると
コーギーのぷくぷくロビンが必死で泳ぐ様子が目に浮かび、いつもちょっと笑ってしまうのですが
その時の水は遊びに行く海や湖のようなきれいなものではなく濁流です。
菅原さんの元まで泳ぎつけて、菅原さんの手が届いて、本当に良かった。

おうちの中にもたくさんの猫が暮らしています。
しゅうた
おうち


お届に来たのに、笹かまぼこなど色々ごちそうになりました。

今回の差し入れフードは浅草 ギャラリーエフさんで開催中の展示
『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち』
に寄せられた、飯舘村の給餌用の一部になります。
フード支援くださいました方々に御礼申し上げます。本当にありがとう。


家に帰れない猫や犬たちは石巻や東松島、東北中にたくさんいます。
一部の仮設住宅はペット可ですが、いろいろな事情で家族と犬猫は今も一緒に暮らせないでいます。

菅原ファミリー猫ハウスへの支援はふんばろう動物班からもamazon経由で送れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。