ただいま猫3匹と召使2人
GO! GO! たーにー!!
2017年07月20日 (木) | 編集 |
谷川君の里親募集を始めて3ヶ月弱。
残念ながら現在までご縁を見つけられずにいます。
募集記事は こちら
いつでも里親募集中 掲載中
ペットのおうち 掲載中
plofile.jpg


谷川君(以下:たーにー)の募集記事を書くとき、
私はものすごく気を使いました。
募集記事はシンプルであることが一番
できるだけ短い文章の中で、良いところを伝えられるように。
必死に悩んで書きました。

でも伝えきれていない・・・

正直に告白すると、募集記事はたーにーの表向きです(笑)
裏側は欠点もいっぱい、いやもしかすると欠点の方が多いかも…

欠点を書いたら、それだけで嫌われてしまうかも(つД`)ノ
そんな恐怖で、きれいごとばかりを伝えると、たーにーの魅力は半減
いや輝きをほとんど失ってしまいます。
だって美点と欠点をプラスマイナスしても、
たーにーはうちに来た子の中で一番可愛いんですから。
世のお母さま方に聞く「ダメな息子ほど可愛いのよ~」のコトバが
たーにーを育てて初めて理解できました。
ダメ息子、最高に可愛い(笑)

今日はたーにーの真実をお伝えする記事を書きます。

☆ たーにーのいちにち ☆

(ダメな息子とダメな預かり母の日記)

朝、預かりおじさんの目覚ましで起床。
最近は預かりおばさんのベッドで寝ています。
IMG_6800.jpg
おじさんに朝のドライフードをもらいます。
好き嫌いは全くありませんが、もちろんジャンクフードの方が好きです。
でも健康に配慮した正しいご飯もよく食べます。
他の猫のご飯を横取りすることも忘れません。
とにかく食べ物は大好きです。
たーにーの美点① どれだけ食べても太りません。


ほどなくして、おばさん起床。
朝のコーヒーに入れる牛乳をもらうために
冷蔵庫前で鳴き喚きます(もらえるまで)
おおさじ一杯くらいの牛乳を勝ち取り満足。
(ちなみに乳糖不耐症の猫は牛乳でお腹を壊す子がほとんどなのですが
一度も腹を下したことがありません…)
おばさんが2杯目のコーヒーを飲む時の牛乳を抜かりなくゲットするために冷蔵庫前で寝て待ちます。
IMG_6817.jpg
ネットニュースやSNS、メールなどをチェックしているおばちゃんが
一歩でも動くとストーカーのごとくまとわりつきます。



さておばちゃん家事の時間です。
猫トイレと家の掃除をするおばさんに、大声で話しかけながらまとわりつきます。
うるさいです。態度も声も。
たーにーのしゃべり方は
「あんなー、おばちゃんなー、きょうなー、こんなことあってんでー
なあなあ、おばちゃん知ってるー?あんなー、あれなー、ほんとはちゃうねんでー
ボク知ってんねん、あれなー、ほんまはなー・・・」

甲高い声の方言でしゃべり続ける小学生男子のよう。
おばちゃん全部聞いておられません。

たーにーの美点② 掃除機は怖くない
ブラシでつついてどかすまで掃除機の進路に平気で横たわっています。

掃除やもろもろの雑事が終わると、おばちゃんの朝昼ごはん。
諦めない心で、おばちゃんの食べ物を狙います。
身を乗り出してひと舐めでも食べてみようとします。
おばちゃんにバシバシデコを叩かれます。
それでも負けません。折れないメンタルの持ち主です。
結局ひとくちもゲットできず終了(あたりまえ)

おばちゃんはここで仕事に行くことが多いです。
出かける前にたーにーはひとり保護猫部屋に入らなくてはいけません。
(シニア猫のお昼寝を妨害するので)
おばちゃんが美味しいジャンクフードで誘います。
疑惑に満ちています。でも誘惑には勝てません。
ひとくち、ふたくち頬張ります。
おばちゃんがそっとドアを閉めようとします。
そのとたん口いっぱいに頬張りながら鳴きながら走り出ます。
(猫を相手に「食べながら走らないの!」としかる日が来るとは想像もしていませんでした)
決して捕まりません 大欠点…(泣)
たーにーの美点③
素晴らしいプロポーションとずば抜けた運動能力の持ち主

20170517_175.jpg
インドア文化系のおばちゃんになど捕まえられるはずがありません。
よってこの戦いは、より高級なおやつ、抜け目ない作戦の応酬となり
最近ではおばちゃんの負けが込んでいます。

夕方、おばちゃん帰宅。
家猫たちも一緒に一日一度のウェットフードをいただきます。
順番はシニア猫1,2の次。決して先にはもらえないことは学びました。
でも叫びます。
「おばちゃん、ボクのにいっぱい入れてなー、こないだちょっと少なかったやんかー、
ボク、おなか空いちゃうやんー?じいちゃんたちよりいっぱい欲しいやんかー?」

・・・
食べている時だけは静かです。
世のお母さん方が子供におやつを与えてしまう気持ちに心の底から共感できます。
いっときでも黙ってくれ。
ここで保護猫が他にもいると、他の猫のご飯を奪おうと食べ終わらぬうちに人の皿にも顔を突っ込みます。

食べ終わると一日の一番元気タイムの始まりです。
家の猫を相手に勝手に追いかけっこタイムを開催します。
それもトイレに入っている時や寝ているところを襲い掛かります。
かなり悪いです。
この時間帯、何度も猫の悲鳴と「たーにー!!やめなさい!」という声が家に響き渡ります。

さておばちゃんとおじちゃんも夕飯を食べ終わり
ゆっくりと寛ごうかとテレビなどつけて座ります。
じいちゃん猫たちは膝に乗ろうと集まります。
たーにーは…おちつきません。
何かひとり呟きながらみんなの周りをウロウロ。
遊ぶのかと思いきやおもちゃには見向きもせず。
腹だしゴロゴロしたり、おばちゃんの手にかみついたりしています。
残念なことに甘噛みの加減はわかっていません。
喉を鳴らしながらガブガブされても痛いだけです。
ブラシをかければ喜びのあまりゴロゴロ転がって、どんどん離れていきます。
おばちゃん、手が届かんわ。
IMG_6632.jpg


ここで たーにーの美点④ 爪切り楽ちん
転がってるときに好きなだけパチンパチンと切ることができます。

誰も構ってくれないらしいと気づくと、
また自主運動会の開催を試みます。
ターゲットはうちのお嬢さん猫。嫌がる悲鳴とうなり声が家に響き渡ります。
女の子のスカートをめくって嫌われる小学生男子の姿が見えるような気がします。
女子に嫌われて学級会でつるし上げられるタイプ。
「先生!谷川君は人の嫌がることばかりします!」ああ…

たーにーが好きな猫はずばり「頼れるアニキ★」
うちの爺さん猫のことも好きらしく、何気なくそっと近づいています(笑)
IMG_6609.jpg
同じ年頃の男子猫がいるときはプロレスなどしたり
グルーミングしてもらったり(決して自分はしない)
なかなか楽しそうです。生まれながらの下っ端・パシリ。
うちの一人っ子、暴れて困ってるのよ~、なんてお家から兄弟に迎えられるとうれしいのですが…

さて就寝消灯時間。
おもいおもいにベッドの周りで寝る準備を始めるシニア猫たち。
部屋の灯りを消して寝る前の読書をするおばちゃん。
そろそろスタンドを消して寝ようか…
ミギャー!また悲鳴です。
寝る場所が決まらないたーにーが他の猫を踏んづけて歩きます。
当然猫たちは怒ります。


最後はおばちゃんの足元にくっつき寝たようです。
今日も一日長かった。。。


ね?  ♥可愛い猫でしょう?♥ (笑)
猫の3歳といえば立派なおじさんのはずですが
いまだに小学生男子並みの精神の持ち主です。

この可愛い黒トラを家族に迎えたいという方募集中
お問い合わせは 日陰亭メール satooya.hikagetei@gmail.com
またはこちらの お問合せフォーム から

お見合い随時可能(東京都江東区)
お届けは東京近郊まで(ご相談ください)

性格的に一匹、もしくは運動量多めな若猫さんがいる環境が向いていると思います。
相当な暴れん坊のため、申し訳ありませんが今回はシニアの方の応募はお断りさせていただきます。
家の中でさえ捕まえるのに激しい追っかけっこが必要なので…

こんなたーにーですが、家族になれば可愛さは太鼓判付きです。
谷川君、どうぞよろしくお願いいたします!